本文へスキップ

佐賀大学 総合分析実験センター 鍋島地区

総合分析実験センター紹介

総合分析実験センターは教育研究支援を目的として設立された全学共同利用施設で、生物資源開発部門、機器分析部門、放射性同位元素利用部門、環境安全部門の4分門からなり、鍋島・本庄両地区に各部門が設置されています。

ギャラリー

イメージ01

生物資源開発部門

実験動物の飼育管理、系統維持及び
これらを向上させるための研究並び
に実験動物の開発等を行い、動物取
扱者への教育訓練を実施して、実験
動物に関する正しい知識、技術の普
及をはかる。



主担当:北嶋 修司
   (Shuji KITAJIMA)
連絡先:0952-34-2430
管理室:0952-34-2431

イメージ02

機器分析部門

共同利用施設として、教育研究に必
要な設備・機器の整備と、適切な管
理運営により、先端的な研究の推進
と実験実習の充実を図るとともに、
各種機器取扱者への教育訓練により、
機器の動作原理の理解と、その安
全な取扱操作に関する知識と技術の
普及をはかる。

主担当:寺東 宏明
   (Hiroaki TERATO)
連絡先:0952-34-2413
管理室:0952-34-2404

イメージ03

放射性同位元素利用部門

放射性同位元素並びに放射線関係の
施設及び機器を総合的に管理し、こ
れを諸分野の研究・教育のための共
同利用に提供し共同利用の効率化を
計り、また放射線取扱者の教育訓練
を実施して、放射性同位元素・放射
線ならびにその安全取扱に関する正
しい知識、技術の普及をはかる。

主担当:伊藤 富生
   (Tomio ITO)
連絡先:0952-34-2421

イメージ04

環境安全部門

作業環境測定、化学薬品管理、廃棄
物管理等の活動により、学内教育・
研究の安全衛生管理を通じて、その
進展を支援するとともに、環境分析
機器の安全管理とそれらを使った環
境分析に関する支援を通じて、環境
安全に関する正しい知識・技術の普
及をはかる。

主担当:近藤 敏弘
   (Toshihiro KONDO)
連絡先:0952-34-2421
PHS:2660 ※学内のみ


 沿革

総合分析実験センターは、平成15年10月の佐賀医科大学、佐賀大学の統合を期に、「医学・農学・理工学分野の融合による新たな生命科学研究の推進」を目標として、旧佐賀医科大学の動物実験施設、実験実習機器センター、RI実験施設の3施設と旧佐賀大学のライフサイエンス分野、機器分析分野、放射性同位元素利用分野の3分野からなる総合分析実験センターを統合・再編した全学共同利用施設です。また、平成20年度に環境安全部門が新設されました。

Analytical Research Center for Experimental Sciences of Saga University (ARCES) resources experimental research environments for all faculties and students in Saga University to promote advanced life sciences. ARCES is established at the integration of the old Saga University and Saga Medical Schools’ancestral institutes in October 2003. ARCES at the Nabeshima Campus of Saga University consists of four divisions for Biological Resources and Development, Instrumental Analysis, Radioactive Compound Utility, and Environment Safety.


 リンク






利用申請への接続は学内限定です。
詳細は各部門のページでご確認ください。
※トラブルシューティング
※記入例・分野一覧